興味の矛先 2018.7.9


好きなものや興味のあるものは人それぞれです
それらが同じだと親近感が湧くし話が盛り上がります
でも自分が興味のないものを相手が好きな場合
さぁ、どうしましょう?
特に男女の場合、「合わないな」と距離を置くかもしれません
同性でも、それ以上仲良くなろうとしないかもしれません
やっぱり趣味が合う、価値観が合うというのは大きいことではあるのですが、僕はその人が興味のあることに対して、なぜ興味を持ったのかに興味があります
言葉にすると混乱しそうですね(笑)
例えば、僕は競馬には全く興味がありません
でも出会った人が「競馬めっちゃ好きです!」と言ったら、”なんでこの人は競馬が好きなんだろう”と興味を持ち相手に尋ねます
何がそんなに面白いのか?
何がそんなに熱くさせるのか?
そこに興味があるんです
人は大なり小なり、自分の好きなことを語りたいし、理解してほしいと思っています
自分は相手の興味のあることをスルーして、自分の興味のあることばかりを話してしまうのはなんだか無礼な気がしてしまいます
会話はキャッチボール
もしかすると興味の矛先は違っても、情熱の持ち方やハマった時の行動は似ているかもしれません
自分の殻(固定概念)を破ってくれるのは案外真逆の人だったりするものです
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

悲劇と喜劇 2018.7.8

次の記事

得たものとは 2018.7.10