悲劇と喜劇 2018.7.8


もし、全ての出来事がもっと良くなるために起こっているとしたら、、
今、目の前で起こっていることはどんな意味があるんだろう
一見、失敗や悲劇、都合の悪いことなど、そう思えばその出来事はそのままの意味となります
けれど、もしそれが更にうまくいくために起こっているとしたら?
そんな視点で物事を捉えてみると、どう変わるだろう
映画やドラマでも主人公には必ずピンチや絶体絶命、どうしようもない悲劇が訪れます
そのシーンだけ見れば、悲劇だしピンチ
でもそれが伏線となって、その絶対絶命があってハッピーエンドを迎えます
ストーリーとして見れば喜劇
人生も同じ
シーンでみるか、ストーリーでみるか
そしてどんなエンドにしたいのか
結末だってあなた自身が決められる
目の前のことばかりに振り回されてはいませんか?
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

短冊の願い事 2018.7.7

次の記事

興味の矛先 2018.7.9