短冊の願い事 2018.7.7

〈お詫びと感謝〉
本日、19時より予定してた「七夕の願いを叶えるお話会」は悪天候のため中止とさせていただきました
ご参加の声をいただいた皆様、本当に申し訳ありません
そして、ありがとうございます
今日話す予定だった内容は更にブラッシュアップさせ、皆様に届けられるようにしていきます
どうぞよろしくお願いいたします

本来お話会を通じてお伝えしたかったのは、夢や願いを持つことの大切さとそれを口に出し、誰かに伝えることの勇気と誇りについてでした
これについては、ぜひ今後のイベントでお話させていただきますので足を運んでいただけたらと思います
(断片的にはブログなどで書いていたりもしますが)
これに加え”七夕”という行事も深く知って、素敵な短冊を書いてみんなで夢の第一歩を踏み出していく
そんなことを考えていました
あいにく、七夕以降に”七夕イベント”と名付けるのは若干季節外れ感が出てしまうので、次にお話する時は「七夕について」は削ると思います
(*本来の七夕は旧暦で数えるため、2018年の七夕は8月17日です)
旧暦七夕といえば使えるかもしれませんが、使わないかもしれません(笑)
なのでせっかくの七夕雑学を無駄にしてももったいないので、《願いが叶いやすい短冊の書き方》をブログで書こうと思います
ポイントは2つ、文末と色です
文末は「~できますように」「~なりたい」
ではなく、
「~します!」「~しました」
という宣誓や過去形にすること
願いを叶えていくのは神様ではなく、あくまで僕たちです
だから体育祭の選手宣誓と同じです
こうします!と宣言し、人事を尽くす
短冊は神様に「応援よろしくお願いします」と伝える為のモノと考えるといいと思います
そして色
七夕の歌の2番に「五色の短冊」とあるように短冊は5色あります
ですので色によって願いの種類が異なります
この5つは陰陽五行説や儒教の考え方とも繋がっています
五行や儒教については各々調べてください(笑)
各色に対応した願いがこちら
青=木行(礼)人間力を高める・自分を磨く・成長
赤=火行(仁)両親や先祖へ感謝・決断
黄=土行(信)人間関係を大切にする・お金(直接的ではなく、稼ぎにつながるような願い”仕事がうまくいく”など)
白=金行(義)ルールや決まりごとを守る(禁酒禁煙や毎日◯◯に取り組むなど)
また白は他の色を後押ししてくれるという意味もあるので、短冊に折り紙を使うとちょうど裏面が白色になって他の色の願いを後押ししてくれます
黒(紫)=水行(智)学業の向上・学び
と、なっています
そして最後に、、、、
書いた短冊を誰かにシェアしてみてください
誰かに話してみてください
発した言葉が未来を作ります
口にするの恥ずかしい、なんだかビックマウス過ぎて恐れ多い
そんな気になる人もいるかもしれません
けれど、自分の願いを誇ってください
胸を張ってください
そして、それを口にした自分を褒めてあげてください
それこそが夢を叶える第一歩となってくれます
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

集中すること 2018.7.6

次の記事

悲劇と喜劇 2018.7.8