空の青さ 2018.7.1


空はいつでも青い
いや、夕暮れ時は違うよとか
それは光の屈折でそう見えるだけとか
そういう難しいことは一旦置いといて
空はいつでも青い
もちろん曇りや雨の日だってある
そんな時はつい、雲の向こうに青空が広がっていることを忘れてしまいがちだ
でも忘れてるだけで雲の向こう側には青空がいつでも広がっている
落ち込んだり、へこんだり
そんな時でも空は青い
でも下ばかり見ていると見えないし、気づかない
僕らの心にも美しい青が広がっている
人によってそれは宇宙のようだと言う人もいるし、海のようなものだと言う人もいる
その奥深い場所に僕らの本音が眠っている
辛い時、苦しい時にはつい、穏やかで力強い自分がいることを忘れがちだ
忘れているだけで、そんな青は誰の心にも広がっている
何があっても、その青は濁らない
ただ思い出すだけ
ただ、奥に眠る本音に手を伸ばしてみるだけ
それだけで心はいつでも青く澄み渡る
空はいつでも青い
いつでも空の青さに気づくことができる
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

6月の総括と謝辞 2018.6.30

次の記事

宇治観光 2018.7.2