本の価値 2018.6.20


本ってビジネス書だと大体1000~2000円で、小説や新書だと1000円未満ですよね
じゃあその本の価値は値段通りかというとそうではありません
本の価値はその人によって違います
同じ金額を支払って買ったとしても、読み手によっては10万以上の価値もあれば100円以下の価値しかないことだってあります
じゃあ自分にとって価値のあるものにするにはどうしたらいいのか?
一つ目は興味を持つことです
単純ですが、人は自分の興味のあるものしか楽しめません
本は自ら読むもので、読まされるものではありません
マンガだってそうですよね
どんなに面白いマンガでも、強制的な環境ではあまり楽しめません
もう一つは自分を高めるということです
一つ目が本を読むきっかけの段階なら、二つ目は本を読む習慣がついた人の段階と言えます
ビジネス書や専門書の多くは、その知識がある程度ある状態で読むのと、無い状態で読むのとでは理解できる深さが変わります
サラッと理解したようでも、日を置いて改めて読むとより深く理解、納得出来ることがあります
本棚に眠っている本
改めて目を通すと、また違う発見や気づきがあるかもしれません
もちろん、本の読み方、楽しみ方は人それぞれです
ただ、出来るだけ本に触れることをオススメします
夢の持ち方、見つけ方、叶え方を分かりやすくお話させていただきます^_^
「願いを叶える七夕講演~短冊の願い事を実現するお話会~」
https://www.facebook.com/events/178042112813358/?ti=icl
ご参加はフェイスブックイベントページの参加ボタンを押してください^_^
もしくは直接ご連絡いただいても大丈夫です
ご参加お待ちしています╰(*´︶`*)╯
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

主語は自分 2018.6.19

次の記事

心のツイッター 2018.6.21