「UR not alone」 2018.6.6


僕は自分を奮い立たせる時、傷を癒す時、自分を認める時
色んな場面で音楽の力を借りてきました
そんな音楽の力、歌詞の力を伝えたいと思い、先月のブログまでは色んなアーティストの方の歌詞を載せていたのですが
その中でもダントツに登場回数が多かったのが
「BUMP OF CHICKEN」と
「GReeeeN」
失敗した時、落ち込んだ時、自分に負けた時
そんな時に聴くことが多かったのはBUMPで
やる気に満ちてドンドン進みたい時に聴くのがGReeeeNでした
音楽ってその時の感情とけっこう密接で、本気で落ち込んでる時にポジティブな歌を聴くと逆に気分が悪くなったりもします
失恋ソングがヒットするのも、そこですよね
歌詞を見ればどちらかと言えばネガティブなワードが多いけれど、その気持ちを知っている人と波長が合うんです
色んな歌詞や音楽を噛み締めることが出来る人は、それだけ色んな感情を経験してきた証かもしれません
そんな僕が最近ずっと聴いてるのが、GReeeeNの「UR not alone」
元々はGReeeeNがNEWSに楽曲提供した歌なので、本来NEWSの歌なのですが
僕が知ったのがGReeeeNのアルバムだったので、ここではGReeeeNの歌として紹介させていただきます
歌詞がこちら


拝啓あの日の僕へ
今はココで立っています
誰かに笑われた夢を
今もココで見続けてます
時に見失いそうになって
時に全てをあきらめて
あせって望んでは傷ついた
僕の中の弱虫笑ってた
それでもどこかで明日を
諦めてないから今日もまた
傷だらけのこの足で
なんとか立っている
例えばこの声が届くならば誰でもいい
聞こえますか 胸張ってさあ叫ぶんだ
全部詰め込んだこの宣誓を
僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない
自分で決めた道のうえ 全てをかけて
笑えるように やり抜くぞ
あの頃の僕は負けそうに
なると誰かのせいにして逃げて
諦めた言い訳はそりゃ楽で
そうして僕はまた自分に負ける
それでも戦っている
そんな他人(ひと)はきっと他所(ほか)にいる
それでいいの?目指す場所へ
行くと決めたんだろう?
確かな答えは 何処にもないから
探すんだ 恐れないでその足で迷っていい
「何度も諦めるか!」って言えばいい
今までの超えた日々が僕らにはあるじゃないか
だからこそココに吹いてる
向かい風にホラ立ち向かう
あの日つまずいて
しゃがみこんでしまうほどの痛みさえ
わきだして かけだして
助走に変えて いけるように
ああどうか 力を貸してくれないか、、、
昨日までの僕よ ともに乗り越えてきたじゃないか
僕は誓うよ 一切引かないし 一切負けない
生まれた日から今日までの 僕が見てる
明日もそう
少しずつ前へ not alone


この歌詞を聴いて、見て、何を感じるのかは人それぞれですし、ピンとくる部分も違うと思います
個人的にはラストの「昨日までの僕よ ともに乗り越えてきたじゃないか」のフレーズにグッときます
失敗した日もあるし、自分に負けた日もあります
自分のことを大嫌いだと思った日もあります
でもそんな日の自分も含めて、力を合わせて前に進む
それはそんなバツをつけてしまった日の自分も認めて受け入れることでもあります
どんな自分であっても”自分”
そんな自分たちの力も借りるからこそ”全力”が出せるのだと思います
この歌のPVがショートバージョンですがYouTubeにあるので、気になる方は見てみてください
また、私はここがグッときたなど感想もお待ちしております
最後まで読んでいただきありがとうございます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

アイデアの源泉 2018.6.7